/

古川5位、蟹江は6位 アーチェリー・ランキングラウンド

個人、団体のトーナメントの組み合わせを決めるランキングラウンド(72射、720点満点)を行い、男子の日本勢は古川高晴(近大職)が679点で5位、石津優(広島県協会)は671点で15位、菊地栄樹(エディオン)は659点で44位だった。

女子は蟹江美貴(ミキハウス)が665点で日本勢トップの6位。早川漣(長崎・佐世保商高職)は654点で16位、川中香緒里(近大)は646点で28位だった。

団体の日本は3人の合計得点で男子が2009点、女子は1965点でともに日本記録を更新して12チーム中5位だった。男子は28日にインドと、女子は29日にウクライナと、それぞれ1回戦で対戦する。

男子で1位の林東賢(韓国)は世界新記録の699点をマーク。団体も韓国が2087点の世界新記録を樹立した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン