内村、個人総合で日本勢初の2連覇 体操世界選手権

2010/10/23付
保存
共有
印刷
その他

【ロッテルダム(オランダ)共同】体操の世界選手権第7日は22日、オランダのロッテルダムで個人総合決勝を行い、男子で北京五輪銀メダリストの内村航平(日体大)が92.331点をマークし、前回2009年ロンドン大会に続く2連覇を達成した。世界選手権での個人総合2連覇は、06、07年大会の楊威(中国)以来史上3人目で、日本勢では史上初の偉業。

2.283点と大差の2位はフィリップ・ボイ(ドイツ)で、3位はジョナサン・ホートン(米国)。安定した演技で前半を2位で折り返した内村は4種目目の跳馬で16.266点を出してトップに立ち、最後の鉄棒も着地を決め、15.066点と6種目すべてで15点以上をマークした。

初代表で予選13位の植松鉱治(コナミ)は88.398点の8位入賞を果たした。

女子では予選25位で前回銅メダリストの鶴見虹子(朝日生命ク)と、予選14位の田中理恵(日体大大学院)が出場。

個人総合決勝は男女とも各国・地域2人までの上位24人が出場し、予選の得点は持ち越さない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]