スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

亀田ジム会長らの資格剥奪 JBC「信用傷つけた」

2014/2/7付
保存
共有
印刷
その他

日本ボクシングコミッション(JBC)は7日、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級の亀田大毅選手(亀田)が昨年12月の統一戦で敗れながら王座を保持した問題で混乱を招いたとして、亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めないと発表した。事実上の資格剥奪となる。

記者会見するJBCの秋山弘志理事長(左)と浦谷信彰事務局長代行(7日、東京都文京区)=共同

記者会見するJBCの秋山弘志理事長(左)と浦谷信彰事務局長代行(7日、東京都文京区)=共同

東京都内で記者会見したJBCの秋山弘志理事長は「ボクシングの公平性を疑われ、JBCの信用を傷つけられたのは誠に遺憾。職責を果たしていない」と話した。

ライセンスの有効期間は1年で、特別な事情がない限り翌年への更新は許可される。吉井、嶋両氏のライセンスは昨年末で期限が切れ、未更新状態だった。JBCによると、更新を認めない処分が下されるのは初めて。

ジムは活動停止となり、興毅、大毅、和毅の兄弟3選手が国内で試合をするためには、新たに会長、マネジャーを置くか、他ジムへの移籍などの措置が必要になる。

亀田ジム代理人の北村晴男弁護士は再審議を要請した上で処分が覆らない場合、無効を求めて提訴する意向を示している。

対戦相手が体重超過で失格となった試合でIBFは亀田大が敗れた場合に王座は空位になると発表したが、試合後に見解を一転させた。JBCは亀田側が勝敗に関係なく王座にとどまることを事前に知っていながら報告を怠り、公表もしなかった点を問題視した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 新型コロナウイルスの影響で柔道のグランドスラム(GS)東京大会の中止が決まり、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は23日、「万全な形で開催する方向だったので残念だ。ただアスリートを守るという意味ではやむを …続き (23日 17:45)

国際柔道連盟は12月のGS東京大会を中止すると発表した(2019年11月、GS大阪大会で握手を交わす丸山城志郎と阿部一二三)=共同

 国際柔道連盟(IJF)は22日、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、12月のグランドスラム(GS)東京大会(国立代々木競技場)を中止すると発表した。来夏に延期された東京五輪を控え、より慎重な対応を …続き (23日 8:25)

赤井英和さん=共同

 アマチュアを統括する日本ボクシング連盟は22日、元プロボクサーで俳優の赤井英和さん(61)の男子普及委員就任を発表した。25日にオンラインで記者会見する。
 大阪府出身の赤井さんは現役時代に「浪速のロ …続き (22日 13:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]