福島千里、織田と静岡に出場 春の陸上GPシリーズ

2011/4/8付
保存
共有
印刷
その他

日本陸連は8日、春の日本グランプリシリーズの主な出場予定選手を発表し、女子短距離のエース、福島千里(北海道ハイテクAC)は、織田記念(29日・広島)の100メートルと静岡国際(5月3日・静岡)の200メートルにエントリーした。福島は昨年日本新記録を樹立した両大会で、ライバルの高橋萌木子(富士通)と対決する。

やり投げで2009年世界選手権男子銅メダルの村上幸史と昨年の広州アジア大会女子優勝の海老原有希(ともにスズキ浜松AC)は日本選抜和歌山大会(4月23、24日・和歌山)に登場する。

男子短距離の塚原直貴、高平慎士(ともに富士通)江里口匡史(大阪ガス)はいずれも織田の100メートル、静岡の200メートルに出場する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]