2019年2月18日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

把瑠都、大関復帰に失敗 条件の10勝消える

2013/1/25付
保存
共有
印刷
その他

大相撲初場所13日目の25日、大関復帰を目指していた西関脇把瑠都(28)=本名カイド・ホーベルソン、エストニア出身、尾上部屋=は高安に敗れて6敗目を喫し、復帰条件の10勝に達する可能性が消え、1場所での返り咲きに失敗した。

2010年夏場所で大関へ昇進した把瑠都は左膝に慢性的な故障を抱える。さらに昨年秋場所は右足親指の剥離骨折、続く九州場所は左太もも裏の肉離れで、ともに途中休場により負け越し。今場所は関脇に転落した。

大関が2場所連続負け越しで降下する現行制度になった1969年名古屋場所以降、把瑠都は17例目(14人目)の転落だった。10勝以上して1場所で戻ったのは5例(4人)ある。魁傑(現放駒親方)は7場所かけて大関へ復帰した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が18日、出身地の茨城県牛久市で開かれた郷土後援会による「激励会・感謝の集い」に出席し、約400人のファンらと交流した。開会前に …続き (21:32)

 大相撲の元大関で、5場所連続休場中の三段目の照ノ富士が16日、東京都内で取材に応じ、序二段に転落確実な3月の春場所の出場に慎重な姿勢を示した。「ぎりぎりまで分からないと思う。体と師匠(伊勢ケ浜親方= …続き (16日 19:49)

少年相撲「白鵬杯」でタレントのKONISHIKIさん(左)とトークショーを行った横綱白鵬(11日、両国国技館)=共同

 大相撲の横綱白鵬が主催する少年相撲の国際親善大会「白鵬杯」が11日、東京・両国国技館で行われ、日本やモンゴルなど8カ国・地域から出場した約1200人が熱戦を展開した。今回が9度目の実施で、2020年 …続き (11日 21:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]