/

村井チェアマンが就任 Jトップに異色の5代目

Jリーグのチェアマンに就任し記念撮影する村井満氏(前列中央)。後列左から2人目は小宮山悟新理事、同3人目は有森裕子新理事(31日、東京都文京区)=共同

Jリーグは31日、東京都内で総会、臨時理事会を開き、5代目のチェアマンにリクルート執行役員などを務めた村井満氏(54)が就任した。2期務めた大東和美前チェアマン(65)の後任で任期は2016年3月まで。Jリーグ理事を08年7月から約5年半務めた村井氏は、クラブ経営の経験がない異色のトップとなる。

記者会見では「大東前チェアマンが大きな変革をされた。いくつかはこれから始まる。しっかり形にしたい」と抱負を述べた。JリーグはことしJ3を新設し、来年からはJ1で2ステージ制とポストシーズンを導入する。

新理事には女子マラソン五輪銀メダリストの有森裕子氏(47)や、プロ野球ロッテや米大リーグでプレーした小宮山悟氏(48)が名を連ねた。元サッカー日本代表主将の宮本恒靖氏(36)は、議決権のない特任理事に就任した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン