/

小林可夢偉 ザウバー今季限り F1、2人目ドライバー決まる

【サンパウロ=共同】自動車のF1チームで小林可夢偉が所属するザウバーは23日、来季の2人目の正ドライバーとしてエステバン・グティエレス(メキシコ)の起用を発表した。F1にフル参戦するただ一人の日本人ドライバーの小林が同チームで走るのは、サンパウロでのブラジル・グランプリ(GP=25日決勝)が最後となる。

兵庫県出身で26歳の小林は2009年10月のブラジルGPでトヨタからデビュー。10年からザウバーに所属し、ことし10月の日本GPでは日本人ドライバーとして8年ぶり3人目となる3位に入り、表彰台に立った。

小林は「新契約にはスポンサーが必要」と訴え、22日には来季以降の活動資金を募るサイト「KAMUI SUPPORT」をつくった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン