「心霊スポット」を公園に 神奈川・厚木、病院跡地を取得

2010/5/1付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県厚木市は30日、「心霊スポット」として知られ、ぼや騒ぎや不法投棄などが問題になっている「厚木恵心病院」の跡地などを取得したと発表した。年内にも廃虚となった建物を取り壊し、将来的には公園として整備する方針。

市によると、厚木恵心病院は1997年に事実上廃業したが、建物は窓が割られ、室内には医療器具などが残されたまま、放置されている。

テレビやインターネットで心霊スポットとして紹介され、ぼや騒ぎや肝試しに来た若者が強盗被害に遭う事件なども起きていた。

周辺住民からの苦情を受け、厚木市は病院の土地と建物を所有していた大阪府の宗教団体に譲渡を求めていたが、複数の債権者がいたことで交渉は難航。最終的に宗教団体が市税を滞納していた堺市が差し押さえて公売にかけ、厚木市が1263万円で落札した。

小林常良厚木市長は記者会見で「ようやく重い肩の荷が下りた」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]