/

セ、パでDH制逆転 今季10年目の交流戦

プロ野球セ、パ両リーグは18日、今季10年目を迎える交流戦の特別企画として、指名打者(DH)制を普段のリーグ戦とは逆にしてセの主催試合で採用し、パの主催試合では実施しないと発表した。

日本プロ野球選手会の発案。パの理事長を務めるオリックスの村山良雄球団常務は「ファンが主催球場で見られなかった試合のつくり方、選手を見て楽しめる。来季以降は状況を見てファン、現場の声を聞いた上でどうするか検討したい」と説明した。

交流戦は5月20日にパの本拠地6球場で開幕し、6月22日まで昨季と同様に各カード4試合(ホーム、ビジター各2試合)で、各チームが計24試合を行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン