2019年1月21日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

18歳力真が幕下優勝、三段目は31歳飛燕力 大相撲名古屋場所

2014/7/25付
保存
共有
印刷
その他

大相撲名古屋場所13日目の25日、幕下は18歳の力真(熊本県出身、立浪部屋)が7戦全勝で優勝した。今場所が初の幕下だった。

三段目は31歳の飛燕力(新潟県出身、尾車部屋)が、日大相撲部出身で序ノ口と序二段を制していた安彦(東京都出身、追手風部屋)を逆転で破り、7戦全勝で優勝した。安彦の序ノ口からの連勝は20でストップした。

序ノ口は近大出身の浜口(三重県出身、木瀬部屋)が7戦全勝で制した。幕下上位だった昨年名古屋場所で左膝に重傷を負い、5場所連続全休から復帰した場所だった。

序二段は日大出身の芝(東京都出身)、拓大出身の高木(石川県出身)と木瀬部屋勢が勝ちっ放しで並び、千秋楽の27日に優勝決定戦を行う。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

白鵬(左)が碧山を下手出し投げで破る

 平成最後になるであろう天覧相撲。天皇陛下に特別な思いを抱き、平成という時代にこだわりを持つ白鵬にとって、絶対に負けられない一番だった。平成の大横綱は「いつも通りという気持ちで土俵に上がった」と振り返 …続き (20日 23:03)

結びの一番で碧山を下し、貴賓席で拍手を送られる両陛下に視線を送る白鵬(20日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所8日目(20日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕碧山を冷静に右下手出し投げで仕留め、8連勝で単独首位を守った。ストレート勝ち越しは46度目で自身の最多記録を更新した。
 2大関はともに黒星 …続き (20日 19:23)

(東) (西)
大奄X―X隆勝
豊山0―0琴恵
千国0―1明生
輝 3―5千翔
矢後0―0勢 
佐海6―4大丸
琴勇0―0阿炎
宝富3―4大栄
竜電2―1魁聖
遠藤1―1阿武
千大1―1朝山
嘉風9―5松鳳
正代3―1碧山
栃煌 …続き (20日 18:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]