/

18歳力真が幕下優勝、三段目は31歳飛燕力 大相撲名古屋場所

大相撲名古屋場所13日目の25日、幕下は18歳の力真(熊本県出身、立浪部屋)が7戦全勝で優勝した。今場所が初の幕下だった。

三段目は31歳の飛燕力(新潟県出身、尾車部屋)が、日大相撲部出身で序ノ口と序二段を制していた安彦(東京都出身、追手風部屋)を逆転で破り、7戦全勝で優勝した。安彦の序ノ口からの連勝は20でストップした。

序ノ口は近大出身の浜口(三重県出身、木瀬部屋)が7戦全勝で制した。幕下上位だった昨年名古屋場所で左膝に重傷を負い、5場所連続全休から復帰した場所だった。

序二段は日大出身の芝(東京都出身)、拓大出身の高木(石川県出身)と木瀬部屋勢が勝ちっ放しで並び、千秋楽の27日に優勝決定戦を行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン