その他スポーツ

20年五輪招致に49億円の寄付 当初計画を11億上回る

2014/4/18付
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック招致委員会への民間からの寄付金が、当初の計画を約11億円上回る約49億円に達していたことが18日、関係者への取材で分かった。余剰分は、落選した16年五輪招致で生じた負債の返済などに充てる方針。

東京都と招致委は、招致予算のうち38億円を民間から調達する計画だった。昨年9月の招致成功後にまとめたところ、20年五輪招致委の収入は約65億円となり、招致活動経費は約54億円となった。招致委は差額の11億円を16年五輪招致での負債の返済や、20年五輪の大会組織委員会への寄付に使い、収支は均等する見通しとなった。

16年五輪招致では6億9千万円の赤字が生じていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、10代の若者が出場する2024年冬季ユース五輪を韓国と北朝鮮の南北合同で共催する構想を明らかにした。18年冬季五輪を …続き (0:46)

日本―ロシア 後半、シュートを阻まれる佐々木(5日、パークドーム熊本)=共同

 ハンドボール女子の世界選手権第6日は5日、熊本市のパークドーム熊本などで行われ、1次リーグD組の日本は各組上位3チームによる2次リーグへの進出を決めた。2016年リオデジャネイロ五輪優勝のロシアに2 …続き (5日 23:40)

 卓球のTリーグは5日、さいたま市のサイデン化学アリーナで男子の1試合が行われ、東京が3―1で彩たまを破って3連勝とし、7勝3敗で首位に浮上した。
 初戦のダブルスで宇田幸矢、田添健汰組が平野友樹、戸上 …続き (5日 22:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]