/

柔道女子の欧州遠征、田辺コーチが指揮

柔道女子日本代表の園田隆二監督(39)がロンドン五輪代表を含むトップ選手に暴力行為とパワーハラスメントを告発されて辞意を表明した問題で、グランドスラム・パリ大会(9、10日)などの欧州遠征は同五輪代表の田辺勝コーチ(40)が指揮を執ることが1日、分かった。全日本柔道連盟(全柔連)関係者が明らかにした。監督代行のポストは置かないという。

ロンドン五輪で女子重量級担当を務めた田辺コーチは12日の出発予定を5日に変更し、グランプリ大会(23、24日・デュッセルドルフ=ドイツ)までチームを率いる。同コーチは今回の問題で園田監督らとともに戒告処分を受けた。

全柔連によると欧州遠征メンバーに選ばれた選手に辞退者はおらず、既に出発したコーチを含む首脳陣も予定通り遠征に同行する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン