2019年1月23日(水)

最年長44歳の元十両・栃天晃が引退

2011/5/20付
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は技量審査場所13日目の20日、現役最年長の44歳で元十両の栃天晃=本名島方守、群馬県出身、春日野部屋=の引退を発表した。

栃天晃は1982年春場所に初土俵を踏み、91年初場所で新十両に昇進した。十両を通算11場所務め、最高位は東十両4枚目。4度目の十両だった96年秋場所を最後に、関取の座から遠ざかっていた。

通算在位175場所、幕下在位120場所はいずれも史上最多。現役では、84年秋場所まで使用された蔵前国技館の土俵に上がった唯一の力士だった。東序二段14枚目の今場所は休場していた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報