/

女子柔道・谷本が引退へ 63キロ級で五輪2連覇

柔道女子63キロ級で2004年アテネ、08年北京で五輪2連覇を達成した谷本歩実(29)=コマツ=が現役引退することが17日、分かった。けがに加えて、世界のトップを目指す気持ちが衰えたためとみられる。今後は指導者を目指す。21日に記者会見し、発表する。

全日本柔道連盟(全柔連)の吉村和郎強化委員長によると、15日に谷本から「中途半端な気持ちで柔道を続けるよりも、区切りをつけたい」と引退の意思を伝えられた。全柔連の強化指定も辞退した。

愛知県出身。切れ味鋭い背負い投げを武器に活躍し、2度の五輪は全試合一本勝ちで制した。ここ数年は腰やひざのけがに悩まされ、昨年4月に古傷の右ひざを手術して戦列を離れた。

谷本が不在の間、63キロ級で急成長した上野順恵(三井住友海上)が世界選手権で昨年に続いて先の東京大会も制した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン