亀田兄弟、7月に大阪でノンタイトル戦

2010/6/4付
保存
共有
印刷
その他

世界ボクシング協会(WBA)フライ級チャンピオンの亀田大毅(亀田)と、世界2階級を制した兄の亀田興毅(亀田)が、7月25日に大阪府立体育会館でノンタイトル戦に臨むことが4日までに分かった。2人は父史郎氏の暴言問題で活動停止となった所属ジムの存続が決まって以降、初めての試合になる。

亀田大は、元WBAフライ級王者の坂田健史(協栄)を挑戦者に迎えて防衛戦を行う予定になっており、その前哨戦。3月に世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座から陥落した亀田興は再起戦を迎える。

興行では元2階級世界王者、井岡弘樹氏のおいでライトフライ級のホープ、井岡一翔(井岡)もリングに上がる。3人は5日に井岡ジムで記者会見する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]