/

松山は2回戦敗退 世界マッチプレーゴルフ

2回戦、11番で第2打を放つ松山英樹(20日、ダブマウンテンGC)=共同

【マラナ(米アリゾナ州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、アクセンチュア世界マッチプレー選手権は20日、米アリゾナ州マラナのダブマウンテンGCで2回戦(18ホール)が行われ、松山英樹はグレーム・マクダウエル(英国)に終盤逆転され、1ダウンで敗れた。

セルヒオ・ガルシア(スペイン)はビル・ハース(米国)を、アーニー・エルス(南アフリカ)はジャスティン・ローズ(英国)を下した。ロリー・マキロイ(英国)は姿を消した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン