/

川澄、左手甲を負傷 サッカー全日本女子選手権

サッカー女子の日本代表FWでINAC神戸の川澄奈穂美が23日、兵庫県三木総合防災公園陸上競技場で行われた全日本女子選手権準々決勝のAS狭山戦で左手甲を負傷して交代し、兵庫県内の病院でエックス線検査を受けた。クラブ関係者によると、骨折の形跡は見られなかったが、内出血による患部の腫れがひどく、近く再検査を受けるという。

川澄は後半途中、相手選手と接触して左手甲を負傷。試合後、救急車で病院に搬送された。試合はINAC神戸が2-0で勝った。星川敬監督は「(準決勝に勝っても、決勝が行われる)元日にも間に合わないと思っている」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン