/

プルシェンコが棄権 フィギュア男子SP

男子SPの直前練習で故障を理由に棄権したロシア代表のエフゲニー・プルシェンコ(13日、ソチ)=共同

ソチ五輪はフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が行われ、新種目の団体で金メダルを獲得したエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)は故障を理由に棄権した。

初出場の羽生結弦(ANA)は第4組の19番、前回バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)は第5組の29番、町田樹(関大)は最終30番で演技。日本勢は世界ランキング上位のシード選手として後ろの2組に入った。

世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)は羽生と同組の21番で登場。SPの上位24人が14日(日本時間15日未明)のフリーに進む。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン