/

なでしこ決勝進出、豪と対戦 サッカー女子アジア杯

【ホーチミン=共同】サッカーの女子アジア・カップ第8日は22日、ベトナムのホーチミンで準決勝が行われ、初優勝を目指す1次リーグA組1位の日本代表「なでしこジャパン」はB組2位の中国を延長の末に2-1で下し、5大会ぶりの決勝進出を決めた。25日の決勝でA組初戦では引き分けた前回大会覇者のオーストラリアと再戦する。

後半6分に宮間(岡山湯郷)のCKを澤(INAC神戸)が頭で合わせて先制したが、PKで追い付かれて延長に突入。延長終了間際に宮間のCKを岩清水(日テレ)が頭で合わせ、決勝ゴールを奪った。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の日本は16位の中国に8連勝とした。

もう1試合はA組2位のオーストラリアがB組1位の韓国に2-1で勝った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン