/

柔道男子団体で金、レスリングの森下3位 ユニバーシアード

【カザニ(ロシア)=共同】ユニバーシアード夏季大会第6日は11日、ロシアのカザニで行われ、柔道団体で日本の男子は決勝で韓国に3-2で勝ち、金メダルを獲得した。女子は1回戦でブラジルに2-3で敗れた。

レスリングは男子フリースタイル4階級を実施し、55キロ級は3回戦で敗れた森下史崇(日体大)が敗者復活戦を経て進んだ3位決定戦で勝ち、銅メダル。66キロ級の田中幸太郎(阪神酒販)は2回戦で敗退し、84キロ級の赤熊猶弥(拓大)は1回戦、120キロ級の岡倫之(日大)は初戦の2回戦で屈した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン