/

日本選手の第1陣が選手村入り ソチ五輪、開幕まで1週間

現地入りしたスピードスケートの加藤選手(左)と小平選手(30日、ソチ国際空港)=写真 柏原敬樹

【ソチ=共同】ソチ冬季五輪は31日で開幕まで1週間。30日は日本選手の先陣を切ってスピードスケート男子の加藤条治や長島圭一郎(ともに日本電産サンキョー)、女子の小平奈緒(相沢病院)らがソチに到着し、同日オープンした選手村に入った。

スピードスケートの代表は31日から会場のリンクで練習し、4年に1度の大舞台に向け最後の仕上げに入る。加藤は空港で「精いっぱい頑張るだけ」と決意を口にした。日本選手団本隊は2月1日にソチ入りする。

ソチ五輪の選手村で開村式。女子棒高跳び金メダリストのイシンバエワさん(右から4人目)らがテープカットした(30日)=写真 柏原敬樹

黒海に臨む氷上競技の選手村の開村式典では、村長を務める陸上女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワが「選手が快適に過ごせるよう、ロシアのおもてなしで迎えましょう」と集まったボランティアに呼びかけ、大会組織委員会のチェルニシェンコ会長らとテープカットを行った。

山間部にある雪上競技の選手村では小雪がちらつく中、村長で2006年トリノ五輪スピードスケート金メダリストのスベトラーナ・ジュロワさんらが開村式典に出席し、ボランティアが歓迎の踊りを披露した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン