/

羽生、世界最高でSP首位 フィギュアGPファイナル

SPで首位に立った羽生の演技(5日、マリンメッセ福岡)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日、マリンメッセ福岡で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が世界歴代最高となる99.84点をマークし、トップに立った。

世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)が87.47点で2位につけ、織田信成(関大大学院)が80.94点で3位。GP2連勝の町田樹(関大)は65.66点で最下位の6位と出遅れた。

女子SPで、2連覇を狙う浅田真央(中京大)は最終6番で登場する。

ファイナルはGPシリーズ6戦の上位6人で争われ、日本人最上位メダリストがソチ冬季五輪代表入りに前進する。昨季のファイナルで日本男子初の優勝を果たした高橋大輔(関大大学院)が右すねの負傷で欠場したため、補欠だった織田が繰り上がった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン