/

2億3千万円の赤字 日本ラグビー協会決算

日本ラグビー協会は19日、東京都内で理事会を開き、約2億3千万円の赤字となる2013年度の決算を承認した。12年度の約4億3千万円から約2億円減ったが、3年連続の赤字によって内部留保金は約8億3千万円となった。

赤字は試合開催による収益が伸び悩む一方で、代表強化費などが増大したことが原因。今後は選手や役員の登録料の増額や、経費削減を進めて黒字化を図る。矢部達三専務理事は「がけっぷちと考えて取り組み、内部留保を10億円のラインに戻したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン