/

金銭での取得禁止など年寄名跡の新規定 相撲協会

日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で理事会と全親方らで構成する評議員会を開き、公益財団法人認定に向けた年寄名跡の扱いについて、名跡の取得に絡む金銭授受禁止や、違反した場合は角界追放の罰則を盛り込んだ規定案を承認した。

年寄名跡は従来、億単位にもなる高額でのやりとりが問題視されていた。理事会での討議を経て、公認会計士の神山敏夫監事が評議員会で規定案を説明。出席者によると、反対意見はなかった。

案では、名跡は相撲協会が管理し、親方が後継者を推薦できる権利を持つ。先代親方へ顧問料などの名目で金銭の支払いを認めるが、年1回の報告義務を課し、協会の危機管理委員会で内容を監査する。所有者から名跡を借りる「借株」をなくし、経過措置として新法人移行後に3年間の猶予を設ける。

ことし11月末の公益法人への移行期限を前に、相撲協会の認定申請は大幅に遅れている。協会と親方との契約関係についても、内閣府との擦り合わせが続いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン