海老原、岸本がA標準突破 陸上の静岡国際

2012/5/3付
保存
共有
印刷
その他

男子400メートル障害で優勝した岸本(3日、静岡スタジアム)

男子400メートル障害で優勝した岸本(3日、静岡スタジアム)

ロンドン五輪代表選考会を兼ねた陸上の静岡国際は3日、静岡スタジアムで行われ、女子やり投げで日本記録保持者の海老原有希(スズキ浜松AC)が五輪参加標準記録A(A標準)を上回る61メートル14で優勝した。男子400メートル障害は岸本鷹幸(法大)がA標準を突破する自己新の48秒88で制した。

女子の200メートルで福島千里(北海道ハイテクAC)は23秒12で2位となり、昨年の世界選手権400メートル覇者のアマントル・モントショー(ボツワナ)が22秒89で勝った。5000メートルは小林祐梨子(豊田自動織機)が15分30秒95で競り勝った。

男子は200メートルで新鋭の山県亮太(慶大)が20秒66で勝ち、400メートルは金丸祐三(大塚製薬)が45秒47で快勝した。

400メートルリレーの男子は日本A(江里口、山県、高平、藤光)が38秒69、女子は日本A(土井、高橋、福島、市川)が43秒79でともに勝った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]