帆足、ソフトバンクと初交渉 4年契約提示

2011/12/8付
保存
共有
印刷
その他

西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した帆足和幸投手(32)が8日、東京都内のホテルでソフトバンクと初交渉し、年俸変動制の4年契約の提示を受けた。背番号などの希望も聞かれた帆足は「日本一になった強い素晴らしい球団。人間的にも評価していただいた」と好印象を口にした。

福岡県出身の左腕に対し、現時点でソフトバンク以外のオファーはなく、移籍か西武残留の2択となる。今月中には結論を出す見込みで、「やりがいのある、熱くなれる、必要とされるところでやりたい」と話した。

交渉の席に着いたソフトバンクの小林至取締役は「いい感触。こちらの熱意は伝わった」と手応えを語った。

帆足は2001年にドラフト3位で西武に入団。先発の一角として通算75勝を挙げている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]