女子マラソン、世界選手権代表に赤羽ら4選手を追加

2011/4/21付
保存
共有
印刷
その他

日本陸連は21日、8月開幕の世界選手権(大邱=韓国)女子マラソン代表として31歳の赤羽有紀子(ホクレン)ら4選手を追加して発表した。

22歳の中里麗美(ダイハツ)28歳の野尻あずさ(第一生命)26歳の伊藤舞(大塚製薬)も選ばれ、既に代表入りしていた尾崎好美(第一生命)を加えた5選手で臨む。

東日本大震災の影響で最終選考会だった3月の名古屋国際女子マラソンが中止になり、日本陸連は海外の3レースを代替選考会に指定。この結果を受けて代表を決めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]