/

中島は控えと位置付け ヤンキースGMが明言

【ダラス=共同】中島との独占交渉権を得たヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)は7日、中島の起用法について「内野にはレギュラー選手がおり、彼らをサポートする役割を期待している」と控えとして位置付けていることを明言した。

ヤンキースの内野は三塁のロドリゲス、遊撃のジーター、二塁のカノと球界屈指の強打者が顔をそろえる。そこに中島を加えることについて同GMは「今は内野、特に二遊間を守れる選手を探すのは難しい。中島は守備だけでなく、バットさばきもいい。魅力的な選手だ」と説明した。

チームには主に控え内野手として今季112試合に出場したヌネスもいる。ジラルディ監督は「中島は才能ある選手。遊撃以外でも守ってもらいたい。ヌネスと同様に使いたい」と柔軟に起用する意思を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン