三浦カズ、W杯親善大使へ 日本サッカー協会が検討

2014/6/5付
保存
共有
印刷
その他

【クリアウオーター(米フロリダ州)=共同】日本サッカー協会の原博実専務理事は4日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会期間中の日本人団体による激励イベントなどに、日本代表チームの代理となる親善大使として、元日本代表で47歳の三浦知良選手(横浜FC)の起用を検討していることを明らかにした。

三浦選手がプレーする横浜FCはJ2所属で、W杯期間中もリーグ戦が継続して行われているため、5日午後に東京都内で開催される日本協会の理事会で協議するという。原専務理事は「チームスタッフとかではなく、イベントに協力してもらえないかと要望がきていて、理事会で議論する。Jリーグやクラブとも話さないといけない」と述べた。

長く日本代表として活躍した三浦選手にとって、ブラジルはプロ生活を始めた縁がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]