/

バレンティン容疑者の保釈決定 保釈金と妻への接触制限

【マイアミ=共同】米国で妻への監禁と暴行の疑いで逮捕されたプロ野球ヤクルトの外野手、ウラディミール・バレンティン容疑者(29)は15日、フロリダ州マイアミ市の裁判所に出廷し、5万ドル(約525万円)の保釈金支払いと妻への接触制限を条件に保釈が認められた。

バレンティン容疑者は12日に離婚協議中の妻カーラさんの腕をつかみ、寝室に閉じ込めるなどしたとして逮捕された。同容疑者は16日に記者会見を開く予定。

ヤクルトは2月1日に春季キャンプを開始する。容疑者として海外渡航が制限される可能性があるが、弁護団はバレンティン容疑者の春季キャンプ参加のため、日本での実績をアピール。パスポートは裁判所が管理せず、弁護士が管理することを主張し、認められた。

オランダ領キュラソー出身のバレンティン容疑者は、2011年にヤクルトに入団。昨季は60本塁打を放ち、王貞治(巨人)らの持つシーズン55本塁打のプロ野球記録を49年ぶりに更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン