2018年12月12日(水)

坂本「金」、堀内は「銀」 世界レスリング

2010/9/9付
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ共同】レスリングの世界選手権第3日は8日、モスクワで男女計3階級を行い、女子48キロ級で29歳の坂本日登美(自衛隊)が初優勝し、日本勢で今大会初の金メダルに輝いた。非五輪階級の51キロ級を含めると7度目の世界一。

51キロ級で19歳の堀内優(日大)が銀メダルを獲得し、男子グレコローマンスタイル74キロ級の金久保武大(マイスポーツ)は5位だった。

ベテランの坂本は準々決勝で2008年北京五輪金メダルのキャロル・ハイン(カナダ)に快勝し、決勝で欧州女王のラリサ・オオルジャク(ロシア)に2―1で逆転勝ちした。

初出場の堀内は初戦の2回戦で昨年覇者のソフィア・マットソン(スウェーデン)を破った勢いで勝ち進んだが、決勝で昨年3位のオレクサンドラ・コフト(ウクライナ)に0―2で敗れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報