/

鶴竜昇進で13年ぶり3横綱 大相撲夏場所番付発表

日本相撲協会は24日、大相撲夏場所(5月11日初日・両国国技館)の新番付を発表し、3月の春場所で初優勝して第71代横綱に昇進した鶴竜が東に座り、同じくモンゴル出身で東正位の白鵬、西の日馬富士と合わせ、史上初めて外国出身3人が最高位に就いた。3横綱は曙、武蔵丸、貴乃花の2001年初場所以来。

小結勢はともに新三役。32歳の嘉風は新入幕から所要49場所と史上4番目のスロー昇進で、東に座った。西は兄の千代丸とともに幕内を務める21歳の千代鳳が上がった。

先場所12勝で大関とりの足掛かりを築いた豪栄道は昭和以降トップに並ぶ13場所連続の関脇在位。西関脇に栃煌山が2場所連続で座った。

大関は東に稀勢の里、西に琴奨菊。先場所6勝9敗に終わった遠藤は東前頭4枚目に下がった。

新入幕は2人で、父が同じしこ名の元小結の佐田の海は史上8組目の親子幕内となった。モンゴル出身の荒鷲は初土俵から所要68場所の昇進で、外国出身として戦後2番目に遅い新入幕。豊真将、時天空、旭秀鵬、蒼国来、千代の国が幕内へ戻った。

モンゴル出身で大器の逸ノ城が幕下15枚目格付け出しから所要2場所で新十両となった。土佐豊、隆の山の元幕内2人と魁が関取へ復帰した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン