/

WBC、投球数の制限など特別ルール発表

3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は30日、投手の球数制限などの特別ルールを発表した。

1投手の投球数は、2009年の前回大会よりもラウンドごとに定められた球数が5球ずつ減り、1次ラウンドは65球、2次ラウンドは80球、準決勝と決勝は95球に制限される。

また前回大会同様に50球以上投げた場合は中4日を空けなければならないなどの登板間隔も設けられ、延長十三回以降はタイブレーク制が実施される。ヤフオクドームでの1次ラウンドA組と東京ドームでの2次ラウンド1組では予告先発が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン