北海道の来季参戦を承認 バスケ男子の日本リーグ

2011/7/13付
保存
共有
印刷
その他

バスケットボール男子の日本リーグは13日、理事会と総会を開き、存続の危機にあったプロチーム北海道が31日までに理事長代行らを選任することを条件に、来季参戦を正式承認した。チームにも選手で所属する折茂武彦理事長は「応援して下さった皆様が『北海道にプロバスケットボールチームを残したい』という私と同じ思いを抱いてくれた結果」と述べた。

北海道は経営難に陥った旧運営会社が昨季途中に除名され、リーグの関連会社が運営を代行。折茂理事長が中心となる一般社団法人が新たな運営母体となっていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]