/

競泳・寺川「刺激受けたい」 欧州GPに出発

競泳の寺川綾(ミズノ)ら世界選手権(7~8月・バルセロナ)代表の10選手が5日、強化の一環として欧州グランプリ3大会に出場するため成田空港から出発し、ロンドン五輪女子100メートル背泳ぎ銅メダリストの寺川は「世界選手権まで期間も迫っている。海外の選手と泳いで刺激を受けたい」と意気込んだ。

男子個人メドレーのホープ、瀬戸大也(JSS毛呂山)は欧州の有力選手とのレースで「勝ち癖をつけたい」と抱負を述べ、ロンドン五輪王者のチャド・レクロー(南アフリカ)が出場予定の男子200メートルバタフライに出る小堀勇気(セントラルスポーツ)は「楽しみ。何かつかんで帰ってきたい」と意欲的だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン