/

福士加代子、マラソン再挑戦に意欲 ロンドン五輪出場目指し

日本陸連の武冨豊女子マラソン部長は20日、女子長距離の第一人者、福士加代子(ワコール)がマラソンで来年のロンドン五輪出場を目指す可能性があることを明らかにした。2月のニュージーランドでの日本陸連の合宿中に福士がマラソン再挑戦に意欲を示したとし、「もし走るとしたら五輪の選考レースになると思う」と説明した。

今夏の世界選手権(大邱=韓国)はトラック種目での出場を目指す。福士は北京五輪代表選考会を兼ねた2008年大阪国際でマラソンに初挑戦したが、終盤に失速して19位に終わった。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン