/

マラソン代表、五輪へ始動 体調管理で情報共有

記念写真に納まる(左上から時計回りに)中本健太郎、山本亮、藤原新、堀端宏行、赤羽有紀子、木崎良子、重友梨佐、尾崎好美の各選手(14日、東京都北区)=共同

ロンドン五輪のマラソン代表に決まった重友梨佐(天満屋)ら男女6人と補欠各1人が14日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターに集合し、今後の派遣手続きや合宿計画の日程などを確認する研修会に参加して早速始動した。

12日の代表発表から2日。24歳で最年少の重友は「本当にいよいよ始まると感じた。楽しみたい思いでいっぱい」と目を輝かせた。来週から米国で高地合宿に入るという。木崎良子(ダイハツ)はカーブが多いロンドンの五輪コースを近く下見に行く予定で「脚づくりに集中したい」と意気込んだ。

4年前の北京五輪で野口みずき(シスメックス)ら故障者が相次いだ反省を踏まえ、日本陸連は最新の機器を使って選手の体調データを管理する方針だ。武冨豊女子マラソン部長は「連絡を密にし、情報共有を徹底したい」と話した。欧州での直前合宿なども検討するという。

男子でエース格の藤原新(東京陸協)は米西海岸で強化合宿を行い、五輪前にハーフマラソンを走る予定。「(本番では)2時間7分半を目標タイムに設定する。やっぱりメダルが欲しい」と意欲的だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン