/

WBC、東尾・梨田氏らコーチ陣も発表

3連覇が懸かる来春の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に元広島監督の山本浩二氏(65)の就任が10日、正式に決まった。過去2大会は現役監督が務めており、OBで臨むのは初。11月に行われる国際親善試合のキューバ戦から指揮を執る。背番号は88に決まった。

コーチ陣も発表され、投手総合コーチに元西武監督の東尾修氏(62)、野手総合コーチに前日本ハム監督の梨田昌孝氏(59)、投手コーチには与田剛氏(46)、打撃コーチに立浪和義氏(43)、内野守備走塁コーチに高代延博氏(58)、外野守備走塁コーチに緒方耕一氏(44)が就任する。また、特別顧問として第1回大会監督の王貞治氏、シニアアドバイザーには第2回大会で監督を務めた巨人の原辰徳監督が就くことも決まった。

今後は代表選手の選考が焦点となり、山本監督は米大リーグ、ヤンキースのイチローやレンジャーズのダルビッシュらメジャーでプレーする選手について「ぜひ来てほしい。大きな戦力になるし、チームにもいい刺激になる」と参加を熱望した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン