/

東レ復帰の木村ら22人選出 バレー女子ワールドGP代表

日本バレーボール協会は7月25日に開幕する女子国際大会、ワールドグランプリに出場する日本代表の登録選手を25日に発表し、プレミアリーグの東レに復帰した木村沙織や新鍋理沙(久光製薬)ら22人を選出した。試合に出場する選手を、この中から選ぶ。

大会には28チームが参加。日本は8月17日までの1次リーグでアンカラ、香港、マカオを転戦して米国などと計9試合を戦う。決勝ラウンドは8月20日から24日まで東京・有明コロシアムで行われ、開催国の日本を含めた6チームで争う。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン