/

浦和学院など49代表出そろう 全国高校野球選手権大会

第95回全国高校野球選手権大会の地方大会は31日、宮城と愛知で決勝を行い、宮城では今春の選抜8強の仙台育英が柴田に6-5でサヨナラ勝ちし、2年連続24度目の出場を決めた。愛知は愛工大名電が愛知黎明を2-1で下して2年連続11度目の代表となり、8月8日に開幕する大会の全49代表校が出そろった。

春夏連覇を狙う浦和学院(埼玉)や史上7校目の夏連覇に挑む大阪桐蔭、春準優勝の済美(愛媛)、一昨年覇者の日大三(西東京)など実力校が顔をそろえた。初出場は10校で、弘前学院聖愛(青森)や西脇工(兵庫)など7校が春夏通じて初の甲子園大会に挑む。

連続出場は7年連続の聖光学院(福島)など14校で、春夏連続は11校。優勝経験のある箕島(和歌山)は29年ぶりの出場となり、最多出場は仙台育英の24度。

組み合わせ抽選は5日に行われる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン