「冬ソナ」出演のパク・ヨンハさん急死 看病疲れで自殺か

2010/6/30付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国警察当局などによると、日本でも大ヒットした韓国ドラマ「冬のソナタ」に出演した韓流スター、パク・ヨンハさん(32)が30日午前、ソウル市江南区内の自宅で首をくくった状態で死亡しているのが見つかった。胃がん末期患者の父親の世話で精神的に疲れていたといい、警察は自殺とみて調べている。

30日午前、韓流スター、パク・ヨンハさんの遺体が発見されたソウル市内の自宅前=聯合・共同

30日午前、韓流スター、パク・ヨンハさんの遺体が発見されたソウル市内の自宅前=聯合・共同

最初に発見したのはパクさんの母親で、首には電気製品のコードが巻き付いていた。パクさんは最近、よく眠れず、睡眠薬を常用していたという。

パクさんは歌手としても有名。「冬のソナタ」では韓流スターのぺ・ヨンジュンさん演じる主人公の恋敵役を演じ、日本でも人気があった。

聯合ニュースによると、29日には出演予定の韓国ドラマの撮影に関する打ち合わせがあったが、姿を現さなかった。

パクさんは親思いで、父親ががんと診断された後、自宅に連れてきて看病。30日未明も父親の足などをもみながら「すまない、すまない」と漏らした後、自分の部屋に入ったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]