スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

レスリング、「除外」に終始最多票 IOC公表

2013/2/13付
保存
共有
印刷
その他

【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、2020年五輪の「中核競技」からレスリングを除外した理事会の投票結果を公表し、4回の投票でレスリングが終始最多の票を投じられていたことが分かった。最後は近代五種にホッケーも加えた3競技の決選投票となり、レスリングが8票、他の2競技が3票ずつだったことも判明した。

20年五輪では25の中核競技とゴルフ、ラグビー7人制の実施が確定。レスリングは採用を目指す野球とソフトボール、空手、スカッシュなど7候補と残り1枠を争うが、票数は理事会での評価の低さを裏付けており、苦戦が予想される。

無記名で行われた投票には15人の理事会メンバーのうち、ロゲ会長を除く14人が参加。除外すべき競技に投票する方式で、ロンドン五輪の26競技を対象にした1回目の投票でレスリングと近代五種が各5票、ホッケーが2票、テコンドーとカヌーが各1票だった。

2回目からはこの5競技に絞り、過半数を取る競技が出るまで、最少得票の競技を除きながら繰り返し実施。レスリングは2回目が7票、3回目は6票で全ての投票で最も多かった。

除外の可能性が高いとみられた近代五種は票数が1回目から5、4、5、3と変動した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

1992年バルセロナ五輪男子柔道71キロ級決勝で判定勝ちし、大声をあげて喜ぶ古賀

 あまたある五輪の名シーンの中でも、その不屈の戦いぶりで1992年バルセロナ五輪男子71キロ級の古賀稔彦を上回るものはそうはない。
 3回戦敗退したソウル大会の雪辱を期し、現地入りした古賀。だが、78キ …続き (18:00)

柔道のグランドスラム東京大会の中止などについて語る全柔連の山下会長(23日午後、東京都新宿区)=共同


 新型コロナウイルスの影響で柔道のグランドスラム(GS)東京大会の中止が決まり、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は23日、「万全な形で開催する方向だったので残念だ。ただアスリートを守るという意味ではやむを …続き (23日 17:45)

国際柔道連盟は12月のGS東京大会を中止すると発表した(2019年11月、GS大阪大会で握手を交わす丸山城志郎と阿部一二三)=共同

 国際柔道連盟(IJF)は22日、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、12月のグランドスラム(GS)東京大会(国立代々木競技場)を中止すると発表した。来夏に延期された東京五輪を控え、より慎重な対応を …続き (23日 8:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]