/

セ・リーグ、開幕再延期など協議へ 文科省の要請受け

プロ野球セ・リーグは22日、文部科学省からナイター自粛などの要請を受け、開幕の再延期も含めた日程の変更について協議することを決めた。24日に両リーグが緊急の理事会を開き、26日には12球団によるオーナー会議が開催される。

記者の質問に答える日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(22日、内閣府)=共同

高木義明文科相は22日、同省を訪問したプロ野球の加藤良三コミッショナーとセ、パ両リーグの理事長、日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)と会談。東京電力と東北電力管内での4月中のナイター開催を自粛するよう要請した。関係者によると、文科省は3月29日に決まったセの開幕を延期し、4月12日のパ・リーグと同時開幕することについても、選手会の要望に配慮して協議を進めるよう求めた。

会談で高木文科相はセが両管内での4月5日以降の開催を決めたナイターについて「国民の理解は得られないと思っている」と語った。

報道陣に加藤コミッショナーは「野球を超える問題になっている。どうすればいいか総合的に考える責務がある」と述べ、新井会長は「各大臣、副大臣の方が全員、選手会の意見がファンの声と言っていた。必ず(セの開幕日が)変わると思っている」と期待した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン