/

「五輪合宿で代表監督ら暴力」 柔道女子15人告発

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。

関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。

JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。

ロンドン五輪の女子7階級で、日本は57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が優勝したものの金、銀、銅メダル各1個で北京五輪の成績を大きく下回った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン