/

2020年五輪、東京都の立候補を申請 6都市の争いか

日本オリンピック委員会(JOC)は30日、2020年夏季五輪開催に東京都を立候補都市として申請したと発表した。9月1日が期限の立候補は、各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)が国際オリンピック委員会(IOC)に申請する。東京はリオデジャネイロに敗れた16年五輪に続く2大会連続の立候補。

JOCによると、20年五輪にはアゼルバイジャンの首都バクーも立候補する。既に招致を表明しているローマ、マドリード、イスタンブール(トルコ)ドーハを加えた6都市による争いになる見込みという。

今後は来年2月15日までに開催計画の概要を示した「申請ファイル」を提出。竹田恒和会長は「前回の反省と経験を生かして招致を勝ち取りたい。計画書も前回よりいいものを作り上げたい」と語った。

開催都市は来年5月の第1次選考を経て、13年9月のIOC総会(ブエノスアイレス)で決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン