/

J1の試合で初の警告 サッカー賭博、八百長はなし

Jリーグは18日、世界各地のインターネットで行われているサッカー賭博に絡み、J1の試合で異常とみられる賭け方が発見されたとして八百長を監視するシステムから初めて警告を受け、調査したと発表した。不正の疑いもあるとして選手ら関係者約50人を聞き取り調査した結果、八百長はなかったと結論づけた。

指摘があったのは8日の広島―川崎。ハーフタイムと試合終了時の結果を予想する賭け方で「小さな異常値が見られた」との報告があった。川崎が1-0で前半を終え、広島が逆転して2-1となったが、ある海外の賭け屋で想定の約10倍となる十数万円が結果通りの展開に賭けられたという。

2011年から導入した八百長監視システムは複数の賭け屋で不自然なオッズや賭け額の変動がないかチェックしている。最初の警告は10日。17日には市場のうわさが巻き起こしたもので「試合への不正な関与はなかった」との最終報告を受けた。

リーグは国際サッカー連盟(FIFA)などに経緯を報告し、要請があれば再調査する。20日には各クラブに経緯の報告と注意喚起をする。村井満チェアマンは「問題がなかったので開示しない判断もあったが事の重大性に鑑み、情報を共有して警鐘を鳴らした」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン