/

オリックスが岡田監督解任 方針一転、森脇氏が代行

3年ぶりのリーグ最下位が確定しているオリックスは25日、来季を見据えるとして今季限りでの退任の方針を一転し、岡田彰布監督(54)を解任した。今季の残り試合は森脇浩司チーフ野手兼内野守備・走塁コーチ(52)が監督代行を務める。

村山良雄球団本部長がこの日、ソフトバンク戦前に京セラドーム大阪で退任の意思を固めていた高代延博ヘッドコーチ(58)とともに解任を通告した。試合の先発メンバーを決定する直前だったという岡田監督は「全然、知らなかった。試合をやる気で来とったのに…」と困惑気味に話した。

オリックスは24日に前身の阪急時代の1959年以来となる11連敗を喫し、最下位が決まった。岡田監督に来季契約を結ばない方針を伝えた22日には最後まで指揮を執らせると発表していた球団は、解任理由を「最下位が確定したこともあり、来季を見据えたスタートをいち早く切りたいということ」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン