羽生「気持ち良く滑れた」 ソチ入り後初練習で笑顔

2014/2/4付
保存
共有
印刷
その他

ソチ入り後、初練習で調整する羽生(4日)

ソチ入り後、初練習で調整する羽生(4日)

【ソチ=共同】ソチ冬季五輪で金メダルの期待がかかるフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が4日、試合会場に隣接した練習リンクで初練習した。拠点のカナダから前夜に到着したため、4回転ジャンプを跳ばない軽めの内容だったが「気持ち良く楽しく滑れた。体に心配はないので最大限に使って演技できる」と笑顔で話した。

初代表で日の丸の付いたジャージーに初めて袖を通し「しっくりきてない」と苦笑い。「高揚している自分もいるが、客観的に見ている自分もいる」と落ち着いた様子で氷の感触を確かめながら滑り、40分の練習の終盤にはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を鮮やかに決めた。

試合会場に隣接した練習リンクで調整する町田(左)と羽生(4日、ソチ)=写真 柏原敬樹

試合会場に隣接した練習リンクで調整する町田(左)と羽生(4日、ソチ)=写真 柏原敬樹

2012年12月の五輪テスト大会を兼ねたグランプリ・ファイナルで2位に入って以来のソチで、当時は周辺が工事中で天気も優れなかった。「すごくきれいになった。晴れていることもなかったし」と好天に心も晴れやか。憧れの06年トリノ五輪王者のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)と同じ組で練習する日を楽しみにしつつ「一つ一つ階段を踏んでいかないといけない」と気を引き締めた。

町田樹(関大)は練習後半に4回転トーループに成功し、まずまずの調整だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]