/

浦和サポーターが差別発言か、Jリーグが調査

Jリーグの鬼武健二チェアマンは18日、1部(J1)の仙台―浦和(15日・宮城スタジアム)の試合後、浦和サポーターが仙台の外国籍選手に対して差別的な発言をした可能性があるとして、調査していることを明らかにした。

試合後に仙台から報告があったもので、Jリーグは仙台にさらに詳細な調査、浦和には発言したサポーターを特定するよう求めている。鬼武チェアマンは発言の事実が確認された場合には、浦和の勝ち点はく奪も含めた厳しい処罰を下す可能性を示唆した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン