/

Jリーグ、五輪期間もリーグ戦 故松田さんらに功労選手賞

Jリーグは18日、東京都内で理事会を開き、U-22(22歳以下)日本代表が来年のロンドン五輪出場を決めた場合でも、五輪期間中にJ1、J2のリーグ戦を行う方針を確認した。11月の理事会で正式決定する。2000年シドニー五輪ではJ1を中断したが、04年アテネ、08年北京両五輪では期間中に実施した。

また、J1の横浜Mで長く活躍し、8月に急死した元日本代表DFの松田直樹さんと、J1の横浜M、神戸などでプレーした元日本代表MFの三浦淳寛氏(37)(淳宏から改名)に功労選手賞を贈ることを決めた。ともにリーグ戦や日本代表の国際Aマッチなどの出場合計数で500試合以上などの基準を満たした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン